未だに存在する?派遣切りの実態

派遣切りが問題となり、一時大きな話題となっていた時期がありましたが最近はあまり話題にならなくなったので少なくなってきたのかなと感じている人も多いのではないでしょうか。
たしかに最近では景気も上向き加減で、業績も好調な企業が増えてきているので派遣社員が切られることも少なくなってきたため、このような問題がおとなしくなってきているのは事実です。

しかし、その一方で派遣切りが未だに存在しているというのもまた事実となっているのです。
景気が上向き加減と言っても余裕のない企業は多いものですから、そのような余裕のない企業というのはいつでも契約を終了させることができる派遣会社を利用することになります。
そして、そのような会社が業績が悪くなってきた場合であったり、あるいは別の場所からもっと優秀な人材を連れてきた場合などに、真っ先に切られるのが派遣社員ということになります。
企業側からすればそのような時のために、派遣という仕組みを利用しているわけですからこの事自体を避難するということはできません。
問題となるのはここからであり、このように契約が終了してしまった時に仕事を紹介してくれる派遣会社がすぐに次の職場を紹介してくれれば良いのですが、それがない場合には急に職を失ってしまうということになります。
そして、そのまま次の仕事が見つからずに路頭に迷ってしまうという人も決して珍しいものではないのです。
これはどのような企業や人に当てはまるわけではなく、労働者の事をよく考えている企業もあれば能力が高く正規雇用でも仕事が見つからなくなることは無いという人も少なくありません。
しかし、その一方で未だに派遣切りにあって苦しんでいる労働者の数も多いのです。

ページの先頭へ戻る